友達できたよ!人間に育てられたチーターの赤ちゃんの初めての友達は犬

アメリカ、バージニア州のリッチモンド動物園で、チーターの子供が3匹産まれた。だが母親の母乳の出が悪く、3匹全員を母乳で育てる事ができない状態だった。そこで飼育員は、生後2週間のチーターの子供、クンバリをミルクで育てることにした。最初はやせ細っていたクンバリも次第に体重を増し、元気に駆け回るようになった。元気になったものの彼はいつも1人(1匹)ぼっち。そんなクンバリのために、飼育員たちは、動物保護施設にいたラブラドールのミックス犬、ケイゴを引き取った。こうして2匹は出会い、そして今や兄弟同然、いつも一緒に楽しく過ごしている。
Kumbali and Kago, Cheetah Cub & Puppy Friendship
配信元: カラパイア - 友達できたよ!人間に育てられたチーターの赤ちゃんの初めての友達は犬