眠る茶猫の猫鼻スイッチ、超高速で前脚が起動



年齢のせいでしょうか。「ポチッとな」と聞こえるのは。
遠くなった昭和を懐古しつつ、今日も押しましょスイッチを。猫鼻スイッチで電気が点灯する事例を過去に紹介しましたが、このたび電源不要バージョンを見つけましたので、ご覧いただくといたしましょう。

睡眠中の茶猫さんの、天に突き出した猫鼻スイッチを押そうと忍び寄る手。そーっとスイッチに触れると、ブルブルブルブルと震える前脚。人間でいうところの、こそばゆくて背筋がゾクゾクっとする、あの感覚だったものと思われます。睡眠モードは続行されていましたので、夢の中でなにかと戦ったかもしれません。
[My cat has a wiggle button./YouTube via Tastefully Offensive]
My cat has a wiggle button.
配信元: 猫ジャーナル - 眠る茶猫の猫鼻スイッチ、超高速で前脚が起動