美術史を変えた1つの“小便器” 一体どんな意味があったのか?

1917年、1つの小便器が美術史の流れを変えました。マルセル・デュシャンという美術家が、無審査の展覧会に男性用小便器を出品しようとしたことが、それまでの美術の概念を打ち破ったのです。『泉』と名づけられたその便器は、店舗で購入されたふつうのもの。ではなぜ美術史を変えるほどの影響力を持ったのでしょうか?
How a Urinal Changed Art History // Marcel Duchamp Fountain
配信元: logmi - 美術史を変えた1つの“小便器” 一体どんな意味があったのか?
logmiで全文を読む