人類の常識を越える、ぶっとんだ形をした太古の動物たち

人類が生まれるはるか昔、この地球には今とはまったく違った生態系が存在しました。なかには、現代からは想像もできないような不思議な形をした生物も少なくありません。象のように大きいナマケモノや体長2メートルの巨大ヤスデ、さらには螺旋状の歯を持つ謎の魚や4つの翼を持つ翼竜まで、当時の地球の環境に適応するために奇妙な進化を遂げた生物の存在が、化石からわかっています。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」では、そんな現実離れした奇妙な生物を10種ご紹介します。
10 Strange-Looking Prehistoric Animals
配信元: logmi - 人類の常識を越える、ぶっとんだ形をした太古の動物たち
logmiで全文を読む