【眼福】競走馬「ネコパンチ」の名前が実況されるとアメショーの仔猫がネコパンチしてくれる動画

世にあふれる可愛い猫ちゃんたちの動画の中でも、ちょっとどうかしてる案件をご紹介します。
ネコパンチとネコパンチのコラボ

ズボンの裾からひょこんと顔を出すアメリカンショートヘアの仔猫。画面左上のワイプには、なぜか競馬実況の中継が映し出されています。「ゲートに納まります」ってか?
紹介されているレースは、第60回日経賞(2012年3月)の模様。競馬ファンの中には、この時点で「あ、なるほど」と思った方もいるでしょう。仔猫は実況アナの「スタートしました!」の合図で跳び出し、その後も実況にあわせて縦横無尽に部屋中を動き回ります。

序盤から大逃げを見せる競走馬「ネコパンチ」が実況で呼ばれる度に、 仔猫もキュートなネコパンチを披露。これがやりたかったのね! はい、可愛いでーすッ!

すると、部屋の中に飼い主(?)らしき水着姿のマッチョな男性が登場。仔猫はマッチョさんの足の下を駆け抜けたり、マッチョさんの筋トレを見守ったり、マッチョさんに抱っこされたり、マッチョさんとベッドで添い寝したり、もうなんの実況なのか分からない映像が続くのであります……。

レースは最終的に「ネコパンチ」が一着でゴールイン。動画も仔猫の見事なネコパンチと共に締めくくられています。この日は12番人気で、その後も目立った活躍を見せることのなかった「ネコパンチ」が、これほどフィーチャーされた瞬間はなかったでしょう。
JRA 異種実況チャレンジ 子ネコ篇(YouTube)
https://youtu.be/Br_7DXRMftY

各業界のプロが競馬実況にチャレンジ

この動画は、JRA(日本中央競馬会)が公開したWEBコンテンツ『異種実況チャレンジ』の中で紹介されているもの。競馬とは異なる業種・業界のプロたちが歴代の名レースの競馬実況にチャレンジする企画で、仔猫は「可愛さのプロ」として抜擢されたそう。他にも、歌ネタ漫才のプロ・お笑いコンビ「ANZEN漫才」や、 野球実況のプロ・セクシー過ぎるウグイス嬢など、各業界を代表する人たちが競馬実況にチャレンジしています。

加えて、声優の花澤香菜さんが東京競馬場を訪れるスペシャルコンテンツも仔猫に負けない眼福さとなっていますよ。
JRA『異種実況チャレンジ』:
https://umabi.jp/ishujikkyochallenge/
―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』
JRA 異種実況チャレンジ 子ネコ篇
配信元: ガジェット通信 - 【眼福】競走馬「ネコパンチ」の名前が実況されるとアメショーの仔猫がネコパンチしてくれる動画
  • これでいつでもインスタ映え!スタバでメッセージを書いてもらえない人に贈るマシーン
    これでいつでもインスタ映え!スタバでメッセージを書いてもらえない人に贈るマシーン
  • 【なにがあったの?】突然けんすいし出した猫
    【なにがあったの?】突然けんすいし出した猫
  • 「本能寺の変」に続く大人気シリーズ新作!エグスプロージョンの踊る授業「卑弥呼」
    「本能寺の変」に続く大人気シリーズ新作!エグスプロージョンの踊る授業「卑弥呼」
  • 『9秒で提供出来なかったら返金』の攻め過ぎてるカレー屋さんに行ってみた!
    『9秒で提供出来なかったら返金』の攻め過ぎてるカレー屋さんに行ってみた!
  • や~め~て~~寝たいのに邪魔されまくる仔猫
    や~め~て~~寝たいのに邪魔されまくる仔猫
  • 【藤井隆】90年代をモチーフにしたパロディCMのクオリティが高すぎると話題に
    【藤井隆】90年代をモチーフにしたパロディCMのクオリティが高すぎると話題に
  • これでいつでもインスタ映え!スタバでメッセージを書いてもらえない人に贈るマシーン
    これでいつでもインスタ映え!スタバでメッセージを書いてもらえない人に贈るマシーン
  • 「本能寺の変」に続く大人気シリーズ新作!エグスプロージョンの踊る授業「卑弥呼」
    「本能寺の変」に続く大人気シリーズ新作!エグスプロージョンの踊る授業「卑弥呼」
  • 『9秒で提供出来なかったら返金』の攻め過ぎてるカレー屋さんに行ってみた!
    『9秒で提供出来なかったら返金』の攻め過ぎてるカレー屋さんに行ってみた!
  • 【藤井隆】90年代をモチーフにしたパロディCMのクオリティが高すぎると話題に
    【藤井隆】90年代をモチーフにしたパロディCMのクオリティが高すぎると話題に
  • こんなに可愛いのにふめるわけないよ…【猫ふんじゃった】
    こんなに可愛いのにふめるわけないよ…【猫ふんじゃった】
  • 【成長】12歳から24歳まで、毎日自撮りし続けた男性の結末
    【成長】12歳から24歳まで、毎日自撮りし続けた男性の結末