【37秒から注目】世界で唯一の“タコグラファー” 触手でシャッターを切る

ニュージーランドの水族館には世にも珍しい“タコグラファー”がいます。タコを撮る写真家ではなく、タコ自身がカメラで撮影するというもの。訓練によって、来場者の姿が見えると共に赤いシャッターを押せるようになったとか。子どもたちも大喜びですが、将来は深海調査への貢献も期待されているようです。
World’s first Octopus photographer