ディズニーのアニメーション「不思議の国のアリス」は実在する少女の動きを元にして描かれていた
今でもその独特なファンタジーの世界が子どものみならず大人までをも魅了する、ルイス・キャロル原作の児童小説、不思議の国のアリス。この世界観に魅了されたウォルト・ディズニーは、第二次世界大戦を乗り越えて、ついに1951年、このアニメーション映画を公開した。ちなみにウォルト・ディズニーは1930年代戦前からこの作品をアニメ化の構想を練っていたという。アニメーションを制作するにあたって、1人の少女が起用された。キャサリン・ボーモントで当時10歳。キャサリンはアリス役の声優をやっているのだが、それだけでなく、アリスの動きを作る上でのモデルにもなっていたのだ。
Alice in Wonderland Behind The Scenes – Kathryn Beaumont (1951) – Disney Animated Movie HD
配信元: カラパイア - ディズニーのアニメーション「不思議の国のアリス」は実在する少女の動きを元にして描かれていた