アメリカではもはや一般的となった同性愛者が出演するCM広告Part1(全7本)

アメリカの連邦最高裁判所は2015年6月26日、同性婚を憲法上の権利として認めるとする判断を下し、すべての州で合法となった。それはアメリカだけに限ったことではなく、今や18ヶ国で事実上同性婚が認められている。かつてから、全米大手アパレルのGAPや百貨店、JCPennyなどは同性愛者のカップルを広告で使用していたが、その流れは広がりを見せ、多くの企業が同性愛者を対象としたCM広告を次々と打ち出している。ここでは、同性愛への理解を深めるために作られたテレビCMを13本を見ていくことにしよう。
Kindle Gay Amazon Commercial – Out Now Business Class – Better LGBT
配信元: カラパイア - アメリカではもはや一般的となった同性愛者が出演するCM広告Part1(全7本)
  • 【涙が止まらない】認知症になった父と娘を描いたパラパラ漫画が話題に
    【涙が止まらない】認知症になった父と娘を描いたパラパラ漫画が話題に
  • iPhone芸人が徹底解説!新型iPhone三種類の注目すべき点とは?
    iPhone芸人が徹底解説!新型iPhone三種類の注目すべき点とは?
  • チャンネル登録数100万人未満で芸人引退宣言!キングコング梶原がYouTubeチャンネルを開設!
    チャンネル登録数100万人未満で芸人引退宣言!キングコング梶原がYouTubeチャンネルを開設!
  • 【水で作る麺】警視庁が発表した災害時でもラーメンが食べられる方法!【防災食】
    【水で作る麺】警視庁が発表した災害時でもラーメンが食べられる方法!【防災食】
  • たった30秒!背中美人になる肩甲骨ストレッチ
    たった30秒!背中美人になる肩甲骨ストレッチ
  • 【こんなところで!?】どこにでもあるドブ川で釣りをした結果
    【こんなところで!?】どこにでもあるドブ川で釣りをした結果