アメリカではもはや一般的となった同性愛者が出演するCM広告Part1(全7本)

アメリカの連邦最高裁判所は2015年6月26日、同性婚を憲法上の権利として認めるとする判断を下し、すべての州で合法となった。それはアメリカだけに限ったことではなく、今や18ヶ国で事実上同性婚が認められている。かつてから、全米大手アパレルのGAPや百貨店、JCPennyなどは同性愛者のカップルを広告で使用していたが、その流れは広がりを見せ、多くの企業が同性愛者を対象としたCM広告を次々と打ち出している。ここでは、同性愛への理解を深めるために作られたテレビCMを13本を見ていくことにしよう。
Kindle Gay Amazon Commercial – Out Now Business Class – Better LGBT
配信元: カラパイア - アメリカではもはや一般的となった同性愛者が出演するCM広告Part1(全7本)