酷、無慈悲、予測不能な“ヤツ”が来る…。映画「ハロウィン」
映画『ハロウィン』の予告映像が公開しました。解禁されたフューチャレット映像は、40年前の殺人事件の事件の唯一の生き残り、ローリー・ストロードがブギーマンとの因縁に決着をつけようと決意を表明する姿が。ローリーを再び演じたジェイミー・リー・カーティスは「マイケルは純粋な悪の体現者よ」と語れば、ブギーマンの生みの親であるジョン・カーペンターは「冷酷だ」「容赦ない」と形容し、この作品の監督デヴィッド・ゴードン・グリーンは「何をしてくるか全く予測できない」とそれぞれにブギーマンの恐ろしい魅力を語っている。 ジェイミーについて、『ハロウィン』(78)で彼女を抜擢したジョン・カーペンターは「彼女の才能は神からの贈り物だ。僕の『ハロウィン』に適役だよ。そして今作の『ハロウィン』にもハマってる」と賛辞を惜しまない。前作ではただ必死に逃げ惑うだけだったローリーが時を経てこの作品では強い女性となってブギーマンと対決する様が描かれていて、カーペンターが「オリジナルに劣らずいい映画だ」と称賛すれば、ジェイミーは「強烈」「一切容赦なし!」と語気を強めている。映画『ハロウィン』は4月12日(金)に公開。(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
酷、無慈悲、予測不能な“ヤツ”が来る…。映画「ハロウィン」
配信元: フィールドキャスター - 酷、無慈悲、予測不能な“ヤツ”が来る…。映画「ハロウィン」