今度は小さいおじさんなのか?火星で小人が岩影からのぞき見している姿が発見される
10年以上前に、身長15センチほどの不気味な人型骸骨がチリのアタカマ砂漠で発見された。アタカマ・ヒューマノイドと名付けられ、地球外からの訪問者が、地球に不時着したのだという説がわきあがった。そして現在...
Tiny Alien Spotted On Mars?
配信元: カラパイア - 今度は小さいおじさんなのか?火星で小人が岩影からのぞき見している姿が発見される