新種か!ハワイ沖の深海で半透明な白いタコが発見される
米海洋大気局(NOAA)の遠隔操作無人探査機が、2016年2月27日、ハワイ北東部のネッカー島の沖合の深海を探査中、水深4290m地点で、偶然にも白乳色で半透明の小さなタコを発見したという。これまでに観測された中では世界最深に住むタコであり、これまでに記録されたどの種にも属していないことから、新種のタコと見られている。
Ghostlike Octopus Found Lurking Deep Below the Sea
配信元: カラパイア - 新種か!ハワイ沖の深海で半透明な白いタコが発見される