実は絶滅寸前だった アボカドの巨大すぎる種に込められた秘密

おいしい上に、健康にもいいアボカド。アメリカでは、2014年だけで実に40億個ものアボカドが消費されたそうですが、実は遠い昔に絶滅の危機に瀕していたのです。更新世という数万年前の時代、さまざまな巨大動物類がアメリカ大陸を歩いていました。巨大動物たちの消化器官を通してアボカドの硬い皮は分解され、高エネルギーの果肉は消化吸収されました。しかし種は、苦く毒性があるために噛み砕かれることなく、消化されないまま排出されていました。そのため、アボカドはそこら中に種をまき散らすことができたのです。しかし、大型動物が絶滅してしまうと、状況は一変しました。
Why Avocados Shouldn’t Exist
配信元: logmi - 実は絶滅寸前だった アボカドの巨大すぎる種に込められた秘密
logmiで全文を読む
  • 【裏の裏】天下一品の超激レアメニューを食べてみた!
    【裏の裏】天下一品の超激レアメニューを食べてみた!
  • 【最強】トータルテンボスのいたずら~全身ラップ~
    【最強】トータルテンボスのいたずら~全身ラップ~
  • 【懐かしい!?】レア自販機でハンバーガーセット買ってみた!
    【懐かしい!?】レア自販機でハンバーガーセット買ってみた!
  • これでいつでもインスタ映え!スタバでメッセージを書いてもらえない人に贈るマシーン
    これでいつでもインスタ映え!スタバでメッセージを書いてもらえない人に贈るマシーン
  • 「本能寺の変」に続く大人気シリーズ新作!エグスプロージョンの踊る授業「卑弥呼」
    「本能寺の変」に続く大人気シリーズ新作!エグスプロージョンの踊る授業「卑弥呼」
  • 『9秒で提供出来なかったら返金』の攻め過ぎてるカレー屋さんに行ってみた!
    『9秒で提供出来なかったら返金』の攻め過ぎてるカレー屋さんに行ってみた!