実は絶滅寸前だった アボカドの巨大すぎる種に込められた秘密

おいしい上に、健康にもいいアボカド。アメリカでは、2014年だけで実に40億個ものアボカドが消費されたそうですが、実は遠い昔に絶滅の危機に瀕していたのです。更新世という数万年前の時代、さまざまな巨大動物類がアメリカ大陸を歩いていました。巨大動物たちの消化器官を通してアボカドの硬い皮は分解され、高エネルギーの果肉は消化吸収されました。しかし種は、苦く毒性があるために噛み砕かれることなく、消化されないまま排出されていました。そのため、アボカドはそこら中に種をまき散らすことができたのです。しかし、大型動物が絶滅してしまうと、状況は一変しました。
Why Avocados Shouldn’t Exist
配信元: logmi - 実は絶滅寸前だった アボカドの巨大すぎる種に込められた秘密
logmiで全文を読む
  • 【涙が止まらない】認知症になった父と娘を描いたパラパラ漫画が話題に
    【涙が止まらない】認知症になった父と娘を描いたパラパラ漫画が話題に
  • iPhone芸人が徹底解説!新型iPhone三種類の注目すべき点とは?
    iPhone芸人が徹底解説!新型iPhone三種類の注目すべき点とは?
  • チャンネル登録数100万人未満で芸人引退宣言!キングコング梶原がYouTubeチャンネルを開設!
    チャンネル登録数100万人未満で芸人引退宣言!キングコング梶原がYouTubeチャンネルを開設!
  • 【水で作る麺】警視庁が発表した災害時でもラーメンが食べられる方法!【防災食】
    【水で作る麺】警視庁が発表した災害時でもラーメンが食べられる方法!【防災食】
  • たった30秒!背中美人になる肩甲骨ストレッチ
    たった30秒!背中美人になる肩甲骨ストレッチ
  • 【こんなところで!?】どこにでもあるドブ川で釣りをした結果
    【こんなところで!?】どこにでもあるドブ川で釣りをした結果