実は絶滅寸前だった アボカドの巨大すぎる種に込められた秘密

おいしい上に、健康にもいいアボカド。アメリカでは、2014年だけで実に40億個ものアボカドが消費されたそうですが、実は遠い昔に絶滅の危機に瀕していたのです。更新世という数万年前の時代、さまざまな巨大動物類がアメリカ大陸を歩いていました。巨大動物たちの消化器官を通してアボカドの硬い皮は分解され、高エネルギーの果肉は消化吸収されました。しかし種は、苦く毒性があるために噛み砕かれることなく、消化されないまま排出されていました。そのため、アボカドはそこら中に種をまき散らすことができたのです。しかし、大型動物が絶滅してしまうと、状況は一変しました。
Why Avocados Shouldn’t Exist
配信元: logmi - 実は絶滅寸前だった アボカドの巨大すぎる種に込められた秘密
logmiで全文を読む
  • 実は大勝利!?絶対ハズレと書かれたヴィレヴァン福袋2018の中身全部見せます!
    実は大勝利!?絶対ハズレと書かれたヴィレヴァン福袋2018の中身全部見せます!
  • 【最強】トータルテンボスのいたずら~しょっぱい!!○○コーヒー~
    【最強】トータルテンボスのいたずら~しょっぱい!!○○コーヒー~
  • 【大学試験で出された問題】20→8→59→?→?→?→11→13 ?に入る数字は何でしょう?
    【大学試験で出された問題】20→8→59→?→?→?→11→13 ?に入る数字は何でしょう?
  • 最新おもちゃを使いながら、全コンビニ人気スイーツベスト6食べてみた!
    最新おもちゃを使いながら、全コンビニ人気スイーツベスト6食べてみた!
  • 中高年アルバイターの実態に密着
    中高年アルバイターの実態に密着
  • 【IQ135】ビル・ゲイツ考案の解けそうで解けない問題
    【IQ135】ビル・ゲイツ考案の解けそうで解けない問題