こちらがEカップの女性の苦労を体験するブラジャー会社の男性社員たちの姿です。私もその苦労わかんないけど。
みんな違ってみんないいには違いないのだが、女性の柔らかな曲線を描く大きな胸はステータスの象徴としてみなされる場合もある。だが、豊かな胸を持つ女性本人には特有の悩みがあるという。その重みで肩こりに悩まされ、走れば胸の付け根が痛み、胸を圧迫するうつぶせ寝も避けなければならず、夏は谷間が蒸れてつらいといった切実なものがあるそうだ。(うんうん、私にはよくわかんないけど)さらには洋服も既成のサイズのブラウスはボタンが閉まりにくく、体のラインに沿う服だと大きな胸ばかりが目立ち、その気がなくても胸を誇示することになるそうだ。(へー、そーなんだ)しかもこうした悩みを吐露できる相手は限られる。たとえ同性であろうとも胸の小さな女性にはむしろ自慢や嫌味だと思われるリスクが伴うからだ。(うんうんそこは良くわかるぞ)そんな女性の悩みを男性も理解しようという取り組みを行った会社がある。女性の下着メーカーを経営するCEOもやってみた男性社員Eカップフェイクバスト装着実験の様子がこちらだ。
PrimaDonna E CUP DAY for men
配信元: カラパイア - こちらがEカップの女性の苦労を体験するブラジャー会社の男性社員たちの姿です。私もその苦労わかんないけど。