本当に怖い防犯サイレン。シカゴの竜巻警報音が終末を感じさせるほどの恐怖に満ち溢れていた。

災害を知らせるための警報音は効果がないと意味がないわけで、明るく軽快な音なんてことはまずありえない。日本でも携帯電話から発せられる地震くるかも音は聞くだけで神経をピリピリさせるレベルだ。ところ変わって竜巻の被害の多いアメリカでは、竜巻が使づいているのを知らせるためにサイレンが使われる。イリノイ州シカゴでは、その音がSFパニック映画の効果音にも似たおどろおどろしいサウンドで、この音の意味を知らない人が聞いたら終末の気配すら感じるレベルなのだそうだ。その音とやらを聞いてみることにしよう。
Creepy Tornado Sirens Going Off in Downtown Chicago 06-15-2015
配信元: カラパイア - 本当に怖い防犯サイレン。シカゴの竜巻警報音が終末を感じさせるほどの恐怖に満ち溢れていた。