残された時間はあとわずか。病院のベッドで最愛の犬と最期のひと時を過ごすことが叶った男性(アメリカ)
アメリカでの話だ。ある日激しい頭痛に襲われたて病院に運ばれた、33歳のライアン。検査の結果脳出血を起こしていたことが判明し、すぐに危篤状態に陥ってしまう。医師の尽力もむなしく残された時間があとわずか。突如起きた悲しい出来事に家族は動揺を隠せない様子だった。ライアンがこのような事態に陥ってしまったことをまだ知らない家族がいる。ライアンが愛してやまない最愛の犬、モリーだ。一番の大親友を残しこの世を去らなければならないライアン。それではあまりにも忍びないと、家族は病院側の協力を経て、モリーとライアンを会わせてあげることになった。
Heartbroken family brings Mollie to say final farewell to owner Ryan Jessen
配信元: カラパイア - 残された時間はあとわずか。病院のベッドで最愛の犬と最期のひと時を過ごすことが叶った男性(アメリカ)