塩分のとりすぎはなぜ悪い? 高血圧とナトリウムの関係

カップ麺や梅干し、たくあん、食パンなど、塩分はさまざまな食材に含まれています。塩分をとりすぎると高血圧になると言われますが、どのようなメカニズムで血圧が上がってしまうのでしょうか。それには塩に含まれるナトリウムと血流が大きく関係しています。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」では、塩分をとると血圧が上がってしまう理由と、高血圧になることによるリスクについて解説します。
Why Is Salt So Bad for You, Anyway?
配信元: logmi - 塩分のとりすぎはなぜ悪い? 高血圧とナトリウムの関係
logmiで全文を読む